会社案内カテゴリ

  • 会社概要
  • メッセージ
  • 沿革
  • 事業所・関連会社
  • 海外主要取引先
  • アクセスマップ
Deli Turkeys!

メッセージ

東西産業貿易株式会社 代表取締役社長 槇 章介
代表取締役社長 槇 章介

我が社は、戦後復興期の昭和28年に設立されました。鶏の雌雄鑑別機(チックテスター)の開発、製造を行い欧米の企業に輸出することからスタートしました。

そして雌雄鑑別機の販売を通じて、欧米を中心とした養鶏先進国を訪れる機会に恵まれ、養鶏産業のレベルの高さを実感、それらの資材を我が国に輸入し普及することで、養鶏畜産の近代化に貢献出来ると確信し、その機械設備、鶏種の取り扱いを開始しました。

その後、世界各国のユニークな畜肉加工食品の輸入販売、屠畜設備の販売も加え、我が国の養鶏畜産業の近代化と動物蛋白質の需要拡大に大きく貢献してまいりました。

我が社の経営理念は、「信頼、活力、魅力ある企業で農業、畜産、食品を通じて人類、社会の進歩発展に貢献する」であります。この理念を常に念頭に置き、これからも業界発展に寄与していきたいと思います。

我が社には機械部、食品部、食肉プラント部、商品開発部の四営業部門があります。

機械部:
世界各国の先進的な養鶏畜産機器、システム、ノウハウの取扱いによりお客様のニーズに応えると共に、省資源、省力、公害対策、アニマルウェルフェア(動物愛護)などへの対応によって養鶏畜産業界の発展に寄与しております。

食品部:
欧米をはじめ世界各国からユニークでニッチな畜肉加工食品(ターキー、ダック、ラムなど)を輸入販売しております。なかでもターキー加工品(七面鳥)は、大手テーマパークで好評を博しており成長を続けております。我が社が取扱っているターキー製品の国内シェアーは50%を超えております。

食肉プラント部:
牛、豚の解体処理を行う屠場機器を取扱っている部門で、屠場の近代化に大きく寄与しております。安全、安心な食肉生産のための衛生的なシステム、省力システムを提供しております。

商品開発部:
グリモー社(フランスの育種会社)で作出したノボジェン鶏(採卵鶏)、ハバード鶏(肉用鶏)の輸入販売を行っており、第三の鶏種としての定着を目指しております。また、新幹線を中心とした産業用トイレユニットの輸入代行業務、食品機械の輸入業務を行っております。加えて温室ハウスによる野菜生産、太陽光発電事業にもチャレンジしております。

(左)代表取締役会長 村田 良樹 (右)代表取締役社長 槇 章介

代表取締役会長
村田 良樹

代表取締役社長
槇 章介

我が社はこれからもお客様に対し、優れた商品、より良いサービスをご納得いただける価格で提供していきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

平成27年1月
東西産業貿易株式会社
代表取締役社長

槇 章介